アイクリームで目のたるみを防ぐ!目のケアの重要性とは?
ロゴ

目元を集中的にケア〜アイクリームの効果と正しい使い方〜

アイクリームで目のたるみを防ぐ!目のケアの重要性とは?

クリーム

目のたるみの原因とは?

目のたるみの一番の原因は、加齢だといわれています。加齢が進むことで皮膚の下のコラーゲンやヒアルロン酸が減少し、ハリが失われます。また、目の筋肉が衰えることによって皮膚を支える力が弱まり、皮膚がたるむといわれています。栄養素の不足には美容成分を補い、筋肉の衰えには目のエクササイズを行うなど、それぞれの原因に適した方法でたるみを解消することが大切です。

目元

アイクリームの必要性

口や鼻、頬など顔にはそれぞれいくつもパーツがありますが、美容クリームには目元専用のアイクリームが存在します。目元は他のパーツに比べて皮膚が薄く、デリケートであるため、専用のクリームが必要だといわれています。目は水分を失いやすく乾燥が進みやすいため、アイクリームを使用して目だけを集中的にケアしましょう。

クリーム

アイクリームがもたらす効果

アイクリームには、目の乾燥を防ぐ成分が含まれているため、シワやたるみの防止に高い効果を発揮します。製品によって含まれる栄養成分は異なるので、たるみを改善したいのであればビタミンc誘導体、シワを改善したいのであればヒアルロン酸といったように、それぞれのトラブルの改善に効果的な成分が含まれたアイクリームを選びましょう。

女性

アイクリームの効果的な使い方

まずはアイクリームを手に取り、しばらく温めます。クリームは温めること柔らかくなり、伸びが良くなります。クリームが温まったら、上まぶたと下まぶたの両方に点置きしましょう。一度にたっぷりと乗せると過剰に塗布することになり、目の皮膚がダメージを受ける可能性があるので、少量ずつ乗せることが大切です。指先ではなく、指の腹を使って優しくクリームを塗り込みましょう。

アイクリームとフェイスクリームの違い

軽い着け心地が魅力!水分が多いアイクリーム

皮膚が薄い目の周りは、顔の中でも特に繊細な部分です。アイクリームには、目の周りのケアに最適な保湿成分や美容成分がたくさん含まれています。また、デリケートな皮膚にダメージを与えないよう、水分量が多く添加物が含まれていないため安心して使用できます。

しっかりと保湿できる!油分が多いフェイスクリーム

保湿を目的として使用されるフェイスクリームは、顔全体に使用することができます。もちろん、目の周りに塗布することも可能ではありますが、油分が多いフェイスクリームを目の周りに塗ると、皮脂バランスが崩れてしまう可能性があります。重いフェイスクリームは、ある程度皮膚の厚みのある部分に最適だといえます。

広告募集中